機能と装飾としての特色を持つヘッドライト

–¼Ì–¢Ý’è-2 ピカピカ01
ある車のデザインをある意味では決定してしまう重要な部分が車のフロント周り、すなわち「顔」です。この「顔」はエンジンを搭載したボンネット内部への空気を取り入れるフロントグリル、追突・衝突時の衝撃を和らげるフロント・バンパー、そしてヘッドライト等の灯火類などから構成されています。なかでもいわば「目」の部分に当たるライト周りはその表情を決定づけるために極めて重要な意味を持っていました。ただ、以前のライトにおいては部品としてその形状が円形にほぼ限定されていたので、意匠上様々な制約がありました。変化が見られ始めたのは1970年代後半から登場した「角形」です。この角形の登場によってかなり意匠上自由度が上がりました。さらに1980年代後半に登場したニッサン・セフィーロやニッサン・シルビアには内部にレンズを組み込んだ非常に小型のプロジェクター型が登場し注目を浴びました。さらにその後発光方法が異なるHID、そしてLED方式が登場しつつあり、顔のデザインに大きな変化が見られるようになりました。つまり機能だけではなく装飾性もかなり自由にかつ大胆に実現することができるようになったのです。特に高級車や輸入車においてその流れが強くみられます。今後一層個性的な車が登場してくることでしょう。

他にも車について知りたい方におススメのサイトです。
↓↓↓
http://peoplescounsel.org/
リヤエンジン・リヤドライブについて載っています。
車について詳しくなり、安心・安全・快適なカーライフを送りましょう。